誰もが憧れる白い歯!どの歯科で実現するのが理想的?

考え方によって選ぶべき二つの歯科

白い歯にしてきれいな笑顔を見せられるようにしたいというのは美容を大切にする人なら誰もが望むものですよね。それを実現するためには歯科に通って適切な処置を施してもらうことが必要になるでしょう。そういったときに通う歯科には矯正歯科と審美歯科があります。どちらもホワイトニング等の歯を白くする処置を行ってくれますが、選ぶ際には考え方をもって白い歯を手に入れたいかを考えることが大切です。外科的な手法をとってまで歯を白くすることを望まないなら矯正歯科、手段を選ばず美しさを追求したいなら審美歯科が適しているでしょう。

矯正歯科では歯の保存を重視

歯を白くするために矯正歯科に足を運んだ場合にはクリーニングとホワイトニングが基本的に選ばれる選択肢です。矯正歯科では今ある歯をできるだけ傷つけないようにする保存的な方法を優先して考える傾向が強いからです。削ったり抜いたりしてしまった歯は元に戻すことができないので、今ある歯をできるだけ大切にしようという考え方に基づいているのです。こういった考え方への賛同と美容への気持ちの強さとを比較して保存的手法を望むなら矯正歯科が良い選択肢になります。

患者の求める美容が目指される審美歯科

審美歯科においても歯の保存を重視することに変わりはありません。しかし、それに比べても優先して考えるのは患者が求める美容を実現することです。白い歯を患者が求めて来院したのであれば、どの程度の白さを求めているのかということや、再び黄ばんでしまうことについてどう考えるかということ等について問診を行い、患者が求めている白い歯を実現するための施術を提案してくれます。そのためには歯を削ったり抜歯したりする判断も取るのが審美歯科であり、美容を最優先したい人にとって強力な味方となるのです。

根管治療とはリーマーとよばれる器具などを使って、細菌に感染してしまった歯質や神経を除去・清掃・消毒する歯の根の治療法です。