制汗のボトックス。効果はどのくらい?痛くはないの?

ボトックスでの制汗て?

これから暑くなると汗が心配ですね。特に女性では脇の汗に悩まされている方も多いのではないでしょうか。そこでよく耳にするボトックスでの制汗に注目してみましょう。しわ治療などでよく聞くボトックスですが、脇の下に注射することで制汗の効果もあります。手術やレーザーでは費用もかかるし傷跡の心配・・・などという方にぴったりの制汗治療で、一回施術は15分ほどで終わりますし、注射した当日から動きの制限もなくお風呂も大丈夫です。

ボトックスは効き目はどの位持つの?

1回注射をうつと半年くらいは効果が持続します。でもほとんどの方が半年以上は効果を実感されています。本当に暑い夏、残暑の残る初秋にボトックスを打っておけば、色の濃い洋服も外歩きも怖くありません。なによりも汗をさほど気にせず外出できる、それに伴ってもちろん汗のいやなにおいもきにしなくてもよいというのは大きいですね。冬の間は汗はきにならないことを考えると、半年も効果があれば1シーズン十分満足できると思います。

ボトックスって痛くないの?

脇に注射を打つと考えると・・・ちょっぴりぞっとしますよね。でも施術のときに使用する注射針は極細の物で、お医者様もてきぱきとやってくださりお時間もあまりかからないのでさほど痛みは感じません。痛みが弱いという方のために、塗るタイプの麻酔や、笑気麻酔などを併用してくださる医院もあります。でもなれてくれば結構我慢できてしまいます。注射の後2~3日青く針の後が残ることもありますがす腫れなどもなく治まりますで、快適な夏の為に一考する価値はありそうですね。

ボトックスとは、タンパク質の一種で、ボツリヌス菌から抽出されます。注射することで筋肉の動きを弱めることができるので、しわやほうれい線を解消することができますが、その効果は長くて半年ほどです。